01 / 01

私は会社を1つのチームだと考える事が多いです。良くサッカーに例えて考えます。皆でパスを回し、営業がゴールを決めるという事です。チームのメンバーにはそれぞれ、その人が得意とする分野で役割りがあります。勝てるチームには、お互いの長所でお互いの短所を補う連携が有ります。誰が偉いとか誰が下とか、チームの中では関係ありません。

大切なのは、それぞれが自分の責任を果たす為にどうしたら良いかを懸命に考え、動き、結果を出す事です。また1人では勝てませんから、他のメンバーを思いやる気持ちも大切です。“ホームクラスコwith共生不動産”は、まだまだこれから大きく進化をしていくチームであり会社だと言えます。きっと貴方にとって希望とチャンスが多くあり、やりがいも見つかるはずです。中途入社のハンディもありません。
必要な事は“真摯である事”だけです。

ホームクラスコの社会の中での役割は、人々の活動の場である不動産に関する事になります。その中でも衣食住と言われる中の、“住”に関する分野が中心です。

人々の“住”に関して、その取引を安全に健全に行う事で、秩序を守り個人の生活や権利を守る事が、私たちの職業であり責任です。そして、人々の幸せや穏やかな暮らしを願って仕事をします。それは、自分も自分なりに社会に参加し貢献している事が判り、自分の仕事に対する誇りやプライドを感じる事に繋がっていきます。
幾度となくそう思う事があり、その時は嬉しくなります。

それは、自分がお世話した家で、お客様が幸せに暮らしていると知った時によくある事です。これは目に見えない事ですが、仕事を長く続けられる為に大切な事だと思います。

仕事って何だろうと考えたことはありますか?

自立して生活をしていく為には一定の収入がないとできませんが、
その為だけに仕事をする事って少し辛くありませんか?何で仕事ってこんなにしんどいのだろう・・・と思う時は良くあります。仕事だからと深く考えない事が多いと思いますが、何かやるせない物を感じてしまいますね。それでも頑張る人は頑張ります。頑張っている人は、見ているだけで周りの人を励ます事があります。

私は、仕事をするという事は、自分の職業を実践する事だと考えています。頑張れる人の多くはそのことを知っている人なのかもしれません。職業とは、社会を支え、人々の生活や権利を守る為の役割分担であり責任の1つだと、私は思います。ですから、仕事とは自らの職業を実践していく事だと思うんです。人は弱い生物ですから、皆で協力し分担をして社会を守る事で、自分や自分の大切な物を守る手段を身に付けてきたのだと思います。

人は大人になったら早かれ遅かれ何かの役割を担い、その責任を果たそうとしていくのだと思います。